サイカースポーツ 西スポ

スポーツが大好きな飲み屋のおっちゃん

2017秋季東京都高等学校野球大会 1回戦

早稲田実業×東京実業

◆多摩一本杉球場

5回コールド

東京実業

000 00=0

350 02=10

早稲田実業

 


f:id:legendkasai:20171010082143j:image


f:id:legendkasai:20171010082205j:image


f:id:legendkasai:20171010082223j:image


f:id:legendkasai:20171010082254j:image


f:id:legendkasai:20171010082426j:image


f:id:legendkasai:20171010082444j:image

 早稲田実業 名門キラー東京実業に快勝

 

野村主将[大阪福島シニア(大阪府)]広角に打ち分けて3安打


f:id:legendkasai:20171010082839j:image

5番で復帰の1年生 生沼 弥真人君[世田谷西シニア(東京都)]も2安打。


f:id:legendkasai:20171010083007j:image

新チームでは貴重なスラッガーの2人なので早くホームランが見たいところ。

 

エース雪山 幹太君[神戸中央シニア(兵庫県)]

コントロールを乱しながらも今日は威力のあるストレートで要所を抑える。


f:id:legendkasai:20171010083351j:image

次戦

10月15日(日) 神宮第二球場

早稲田実業×関東一

序盤の天王山を迎える。今日は内野も2つエラー 雪山君も不用意なフォアボールを出してたけど関東一戦では命取りになりかねないから細心の注意を!

 

桜美林2(延長10回)1二松学舎

名門対決は桜美林に軍配。

 

2回戦は今後のトーナメントの行方を占う強豪対決が目白押し。

全国制覇の経験校が続々と登場。

 

早稲田実業×関東一

帝 京×創 価

修 徳×日大三

桜美林×日大豊山

 

1回戦

早稲田実業10(5回コールド)0東京実業

関東一11(7回コールド)4専修大附属

帝 京9(8回コールド)1都立練馬

創 価8-1駒沢大学高校

修 徳6-1国学院久我山

日大三7-1都立城東

桜美林2(延長10回)二松学舎

日大豊山4-3成立学園

優勝候補の潰し合いで世田谷学園 岩倉 国士舘パウロ学園 八王子辺りも上位進出を狙えそうな予感が。

 

2017秋季東京都高等学校野球大会 トーナメント


f:id:legendkasai:20171010080306j:image

2017秋季東京都高等学校野球大会 1次予選

1次予選屈指の好カード

今夏の東西東京代表 東海大菅生×二松学舎の一戦は二松学舎12-5東海大菅生とまさかの大差に。

戦前は全国ベスト4の主力を多数残す東海大菅生が有利と見られていただけに意外な結果だった。

 

王貞治記念グラウンド

 

早稲田実業 

000 005 401=10

000 301 000=4

日大鶴ヶ丘

(投手)

[早稲田実業]雪山-伊藤

[日大鶴ヶ丘]三浦-勝又-高岡

(本塁打)

[日大鶴ヶ丘]鈴木[4回=2ラン]

 

西東京を代表する名門対決は早稲田実業が終盤に逆転勝利。

早稲田実業はエース雪山君をリリーフした1年生 伊藤 大征君[宝塚ボーイズ(兵庫県) ]が好投。


f:id:legendkasai:20171010075011j:image

伊藤大征[早稲田実業]

 

敗れた日大鶴ヶ丘は東京都内 最速右腕と評判のMAX147キロ勝又 温史君が攻略されるもポテンシャルの片鱗は見せた。

180cmを超える長身もあって来年 夏までの150キロ越えにも期待が持てそう。


f:id:legendkasai:20171010075457j:image

勝又 温史[日大鶴ヶ丘]

2017秋季東京都高等学校野球大会 1次予選第12ブロック1回戦

早稲田実業 王貞治記念グラウンド

早稲田実業×都立小山台

(7回ゴールド)

都立小山台

000 001 0=1

100 313 ×=8

早稲田実業

(投手)

[都立小山台]戸谷-飯尾

[早稲田実業]雪山-伊藤

 

早稲田実業 都立屈指の強豪相手に快勝

次戦

9月16日(土) 14:00

早稲田実業 王貞治記念グラウンド 第10ブロック 決勝

早稲田実業×日大鶴ヶ丘

 

第99回全国高等学校野球選手権大会

甲子園球場

大会第12日目 準々決勝

第1試合

三本松(香川)

000 000 010=1

302 002 200=8

東海大菅生(西東京)

(投手)

[三本松]佐藤-山花-安芸-佐藤

[東海大菅生]松本-戸田

(本塁打)

[東海大菅生]

小玉[1回=2ランホームラン]

佐藤[3回=2ランホームラン]

松井[6回=2ランホームラン]

 

大会第13日目 準決勝

第2試合(延長11回)

花咲徳栄(埼玉)

012 100 020 03=9 

211 000 002 00=6

東海大菅生(西東京)

(投手)

[花咲徳栄]綱脇-清水

[東海大菅生]松本-戸田-山内

 

花咲徳栄 埼玉県代表 初の全国制覇で幕を閉じた今年の夏の甲子園

東海大菅生花咲徳栄の準決勝が事実上の決勝になりました。

この試合、流れを左右するターニングポイントが何回か訪れた。

 

8回表 東海大菅生 ショート 「名守」田中君のエラーをきっかけに失点。

9回裏 東海大菅生が起死回生の同点。尚も2アウト3塁の場面で小玉君が痛恨の3球三振。

10回裏 東海大菅生 2アウト2塁 レフト前へ抜けそうな当たりを花咲徳栄 岩瀬君がダイビング。そのままファーストへダイレクト送球してアウトにする超ファインプレー。

結果的にこのビックプレーが11回表の3点に繋がる。

東海大菅生は2度に渡るサヨナラのチャンスを逃したのが痛かった。

花咲徳栄 清水君の150キロに迫る速球が土壇場で威力を発揮する形になりました。

この両チーム、6月の定期戦で対戦していてその時は東海大菅生が11-1と圧勝している。

花咲徳栄の岩井監督も試合後のインタビューで感極まるほどこの一戦に懸けていたんでしょう。

 

6月の関東大会、早稲田実業花咲徳栄に延長サヨナラ勝ちしています。

それを考えると早稲田実業も全国制覇に手が届く位置にはいたんだなあと思います。

 

9/10(日)には早稲田実業の新チームの初戦となる2017秋季東京都高等学校野球大会第1次予選 都立小山台戦が王貞治記念グラウンドで行われます。

この試合に勝てば次は日大鶴ヶ丘と都立文京の勝者との対戦。

厳しい船出が予想されるけど野村主将を軸に一丸となり選抜を目指して欲しいと思う。

ライバルの東海大菅生も投打の軸である戸田君 片山君 田中君らが残りこの秋も強敵になりそうです。

 

最後に

 

西東京代表として西東京のレベルの高さを存分に見せ付けてくれました。

早稲田実業も小さな石コロにつまずいたのではなくとてつもない大きな山に道を阻まれたのだなあと思いました。

東海大菅生野球部の皆さん感動をありがとう!

 

 

第99回全国高等学校野球選手権大会

甲子園球場

大会第10日目 3回戦

第4試合

青森山田(青森)

000 000 100=1

115 100 010=9

東海大菅生(西東京)

(投手)

[青森山田]三浦-三上-斉藤-平沼

[東海大菅生]戸田

(本塁打)

[青森山田]

中沢[7回=ソロホームラン]

[東海大菅生]

小玉[3回=2ランホームラン]

片山[4回=ソロホームラン]

 

東海大菅生の強力打線が2回戦に続き長打力で試合を支配し快勝した。

本来、ここまで打つチームではないからよほど打線の調子がいいのでしょう。

 

東海大菅生 先発はエース松本君ではなく2年生の戸田君。

しかしこの戸田君が侮れない。

身長は171cmと小柄ながら最速144キロのストレートとキレ味鋭いスライダーを武器にする本格派 右腕。

いかにも身体能力が高そう。順調に育てば明豊の今宮 健太[現 ソフトバンク]のようになるのではないか。

 

後、ショートの田中 幹也の守備が今日も素晴らしかった。

日刊スポーツが忍者と形容したようにまさに神出鬼没のポジショニング。

ヒット性の当たりを何本も防いでいた。

こちらは広島の菊池 涼介のようになれるのではないか。

 

次戦

8月20日(日)

大会第12日目 第1試合 8:00

東海大菅生×三本松

  (西東京)      (香川)

 

第99回全国高等学校野球選手権大会

甲子園球場

大会第7日目 2回戦

第2試合

東海大菅生(西東京)

010 001 117=11

010 000 000=1

高岡商業(富山)

(投手)

[東海大菅生]松本

[高岡商]土合-山田-土合-伏見

(本塁打)

[東海大菅生]

佐藤[2回=ソロホームラン]

奥村[9回=3ランホームラン]


f:id:legendkasai:20170817080609j:image


f:id:legendkasai:20170817080642j:image

東海大菅生アルプス
f:id:legendkasai:20170817080703j:image

高岡商業アルプス
f:id:legendkasai:20170817080738j:image


f:id:legendkasai:20170817080802j:image

東海大菅生 松本君、本調子からは程遠い投球ながら高岡商業の強力打線に対して要所を上手く凌いで7安打1失点に抑え完投。

序盤、西東京大会で威力を発揮したフォークが高めに浮いたりすっぽ抜けたりしてコントロールのいい松本君がめずらしく2者連続のフォアボール。

途中、スプリットに切り替えたくらいから何とか持ち直すあたり、状態の悪い時の投球術 クレバーさも垣間見えた。

 

しかし、不調の松本君を打線がホームラン2本を含む援護。

中盤までは高岡商業の土合君も素晴らしいコントロールで投手戦を展開。

勝負の分岐点は長打力だったように思う。

特に東海大菅生の2番松井君。

2番の固定観念を覆す体格と大きなフォロースルーのスイングで2本ともあわやホームランという特大の3塁打を放ち勝利に貢献。

 

中盤まで接戦を演じながら最後突き放された高岡商業

2番手で登板した山田君。

182cmのサウスポーでMAX147キロを投げる前評判の高い好投手だがこの試合、制球を乱し大量失点してしまった。

それでも高い潜在能力の片鱗は随所に見せたし来年はドラフト候補には間違いなく上がってくると思う。


f:id:legendkasai:20170817083445j:image


f:id:legendkasai:20170817083503j:image

東海大菅生 次戦

8月18日(金)

大会第10日目 3回戦 第4試合 16:00

東海大菅生×青森山田

   (西東京)       (青森)