読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイカースポーツ 西スポ

スポーツが大好きな飲み屋のおっちゃん

WBA世界ボクシング協会ミドル級(72.5-)タイトルマッチ12回戦


f:id:legendkasai:20170521003312j:image

有明コロシアム

暫定王者 

アッサン エンダム(フランス)

37戦35勝(21KO)2敗 182cm

                     (12R)

挑戦者 ランキング2位

ロンドンオリンピックミドル級金メダル

村田 諒太(日本 帝拳ジム)

12戦12勝(9KO)無敗 183cm

判定

エンダム115-112村    田

エンダム116-111村    田

    村    田117-110エンダム

アッサン エンダムが正規王者に昇格

 

結論から言うと不可解極まりない判定だと思う。

1回、2回とエンダムのパンチの軌道や角度を確かめるようにガードを固めエンダムの左ジャブをブロック。ガードの隙間からは不敵な笑みを浮かべるほど冷静な村田。

 

エンダムは重量級とは思えない華麗なフットワークで左ジャブを打つも村田のプレッシャーに徐々に後ろに下がる展開に追い込まれて行く。

村田としては鉄壁のガードを固めステップでプレッシャーをかけ、得意の右ストレート、右ショート、左ボディを打っていく戦略に徹していた。

ガードを固めるにしてもミドル級の破壊力のあるパンチに耐えるだけの腕の筋力が重要になる。今日見ていて改めて、村田諒太のフィジカルの強さを実感した。

 

試合が動いたのが4回

村田の右ストレートがカウンターで決まりエンダムがダウン。


f:id:legendkasai:20170521010017j:image

村田が追撃しなかったのは、エンダムの

リカバリー能力(回復力)を警戒したため。

エンダムは過去2敗しているのだけど、その2戦で何度もダウンしながら12回まで戦い抜いた経験を持っている。

確かに明らかに効いていながらダウン後に反撃できるのは並みのリカバリーではないと思う。

 

7回には再び村田の強烈な右ストレートがクリーンヒット。エンダムはロープに支えられ辛くもダウンは免れる。右ストレートだけでなく左ボディも明らかにエンダムは嫌がっていた。さらにエンダムのお株を奪うアッパーまでクリーンヒット。村田のパンチの精度 的中率がエンダムのディフェンス技術を上回っていたし、4回以降はダメージの影響かエンダム自慢のフットワークも完全に影を潜めた。


f:id:legendkasai:20170521013241j:image

この時は終盤10、11回あたりでノックアウトできるなと感じたほど。気は早いけど思わずWBO世界ボクシング機構ミドル級王者ビリー ジョー サンダース(イギリス)と村田の統一戦の会話をするくらい勝利を確信していた…

 

終盤3回は帝拳陣営のポイントの読みもあっただろうし個人的にもポイント的には完全に有利だと思っていた。

村田もリスクを回避する戦略を遂行して結局

そのまま試合終了のゴング。


f:id:legendkasai:20170521013254j:image

ジャッジのスコア3人に共通していたのは、終盤3人ともエンダムに対して10-9フルマークで支持したこと。

 

結果的にこれが響いた。終盤1回でもポイントを取れていれば結果は逆だったと思う。

 

ジャッジのひとり村田117-110エンダムこの採点が妥当だと感じた。村田の有効打を評価。

 

WBAは手数 左ジャブが採点に反映されるという噂もある。エンダム116-111村田としたジャッジはガードの上からの軽いパンチも採点に反映させた。

 

ここで問題なのはこの2人のジャッジの主観でこれだけポイントに開きが出てしまうこと。(今に始まったことではないけど)

有効打

手数

リングジェネラルシップ(主導権 戦術)

などいろいろな基準はあるけど、伝統 歴史もある世界的な競技であるボクシング。

ある程度ジャッジの判断基準も統一していかないとボクシングファンも離れていくだろうし、ボクシング界への不信感や全体のレベル低下に繋がる気がしてならない。


f:id:legendkasai:20170521020144j:image

 

 

 

 

 

 

 

熊本県高等学校野球連盟 RKK熊本放送招待高校野球大会

5月14日(日)藤崎台球場

第1試合

早稲田実業(東京都) 

000 000 010=1

000 410 00×=5

秀岳館(熊本県)

(投手)

[早稲田実業]

池田-服部-伊藤-赤嶺-今井

[秀岳館]

川端-幸地-田浦

(本塁打)

[秀岳館]

石井[5回=ソロホームラン]

 

清宮君は3打数1安打(先発 川端君からライト前ヒット)

 

熊本県高等学校野球連盟 RKK熊本放送招待 高校野球大会

5月13日(土)県営八代球場

第1試合

早稲田実業(東京都)×文徳(熊本県)

第2試合

早稲田実業(東京都)×八代(熊本県)

第3試合

慶応義塾(神奈川県)×秀岳館(熊本県)

 

早稲田実業


f:id:legendkasai:20170514052902j:image

慶応義塾


f:id:legendkasai:20170514052916j:image


f:id:legendkasai:20170514053112j:image


f:id:legendkasai:20170514052943j:image


f:id:legendkasai:20170514053139j:image

 

清宮君 第2試合の八代戦 1回 右中間場外に推定135M高校通算93号3ランホームラン。

 

春季神奈川県大会ベスト8の慶応義塾は春の選抜ベスト4 九州王者の秀岳館に競り勝つ。関東のレベルの高さを見せつけた。

 

早稲田実業は期待の1年生ルーキーを数人起用。そのなかでもレギュラーを掴みそうな勢いなのが

生沼 弥真人(おいぬま やまと)君 1年生

182cm68kg(世田谷西シニア 東京都)

ゴールデンウィーク以降3本塁打も記録する長打力も魅力。

 

投手では野手としても期待される

茅野 真太郎君 1年生(諏訪ボーイズ 長野県)

も登板。

そのほかに将来性豊かな期待の1年生大型サウスポー2人

前幸地 賢郎君(186cm 練馬シニア 東京都)

東海林 碧波君(192cm 千葉北シニア 千葉県)

※碧波 あおばと読むらしい

も控えておりチーム内の競争は激化しそうな勢い。

 

育成次第でかつての帝京や東海大相模 そして大阪桐蔭のような140キロカルテットの投手王国も夢じゃないような潜在能力の高い選手が揃ったように思う。

 

高校野球 名将①

東京都立 総合工科高等学校(世田谷区)

有馬信夫 監督

日本体育大学卒業

[監督]

都立城東-都立保谷-都立総合工科

 有馬信夫 監督


f:id:legendkasai:20170509214311j:image


f:id:legendkasai:20170509214324j:image

1999年 東東京から都立校初の甲子園出場を果たしたレジェンド。とにかく情熱のある監督。

2001年にも日本体育大学の後輩 梨本浩司監督(現在 都立文京高校監督)が率いて2度目の甲子園出場を果たした。
f:id:legendkasai:20170509212225j:image

 

文  京


f:id:legendkasai:20170509213803j:image

 

 

高校野球の発展 レベルアップを目指す指導者向けの交流会 高校野球研究会のメンバー

国士舘 永田昌宏監督 創価 近藤省三 元監督には練習試合で何回もお世話になったそう。

国士舘


f:id:legendkasai:20170509214818j:image

創  価


f:id:legendkasai:20170509214835j:image

※主なメンバー

都立 小山台高校 福嶋正信監督

小山台高校


f:id:legendkasai:20170509213700j:image

 

パウロ学園(東京都) 勝俣秀仁監督 etc

パウロ学園


f:id:legendkasai:20170509213719j:image

 

 

2004年には東京都が文化 スポーツ特別推薦枠という制度を導入。

現在、都立高校49校がこの制度を活用して有望な中学生を確保している。

総合工科はそのなかで最大10名の枠を持っている。

名門 強豪私立と互角の戦いを演じられるようになったのは育成力も言わずもがなこういった背景もあるのだろう。 

2003年には共に切磋琢磨してきた同じく日本体育大学の後輩 都立雪谷高校相原健志監督(現在 日体大荏原高校監督)が甲子園出場を果たしている。

雪  谷


f:id:legendkasai:20170509215848j:image

日体大荏原


f:id:legendkasai:20170509215902j:image

2017.5.6 練習試合 王貞治記念グラウンド 早稲田実業×千葉黎明(千葉県)

第1試合 13-10 第2試合 9-7

野村君連発高校通算31号 32号

清宮君は5月9日現在高校通算92号と108本の新記録樹立も完全に視野に捉えたかな?!

 

しかし相手が千葉の強豪とはいえ相変わらず不安定な投手陣。

 

千葉黎明 荒井信久監督


f:id:legendkasai:20170509201918j:image

1992年バルセロナオリンピック

日本代表コーチ

横浜ベイスターズ スカウト部長

オリックス スカウト部長

明治大学野球部監督 を歴任

 

2016には春季関東大会にも出場。毎年プロ注目選手を輩出する新興勢力


f:id:legendkasai:20170509202220j:image

 

5月14日には熊本遠征で今春センバツベスト4の秀岳館と試合予定。

相手の川端君はプロ注目のMAX148キロサウスポー。早稲田実業の真価が問われそうです。

 それにしても最近の千葉県は勢力図が変わってきてますね。

名門 習志野が甲子園に遠ざかるなか最近、千葉敬愛 千葉黎明 千葉明徳 東京学館 流通経済大附属柏 千葉英和といった新興勢力が頻繁に上位進出してきてます。

 

習志野


f:id:legendkasai:20170509203427j:image

千葉明徳


f:id:legendkasai:20170509203447j:image

東京学館


f:id:legendkasai:20170509203525j:image

東京学館の卒業生には

読売巨人 相川亮二捕手

ヤクルトスワローズ 石井弘寿投手

がいるみたいです。

 

流通経済大附属柏


f:id:legendkasai:20170509204920j:image

サッカーが有名ですね

 

千葉英和


f:id:legendkasai:20170509205001j:image

めっちゃ目立つ(笑)

 

元 西武の石井一久東京学館浦安のようです

東京学館浦安


f:id:legendkasai:20170509205137j:image

2017 春季関東高等学校野球大会

1回戦 5月21日 9:00ひたちなか市民球場

早稲田実業(東京①)×花咲徳栄(埼玉②)  


f:id:legendkasai:20170509192203j:image

 清宮幸太郎(早稲田実業)


f:id:legendkasai:20170509193005j:image

野村大樹(早稲田実業)

太モモヤバいなぁ~

※U-15日本代表4番時代 横浜の万波君や大阪桐蔭の藤原君も日本代表のチームメートです。

 

日大三(東京②)×専大松戸(千葉①)


f:id:legendkasai:20170509192352j:image

金成麗生(日大三)


f:id:legendkasai:20170509192857j:image

桜井周斗

 

横浜(神奈川②)も土浦湖北(茨城③)との初戦を突破すると浦和学院(埼玉①)との好カードが実現します。


f:id:legendkasai:20170509193256j:image

万波中正(横浜)

 

東海大相模(神奈川①)×千葉敬愛(千葉②)の好カードも楽しみ!!


f:id:legendkasai:20170509193429j:image

安里 海(東海大相模)


f:id:legendkasai:20170509193454j:image

千葉敬愛(千葉②)

2017春季東京都高等学校野球大会 決勝 早稲田実業×日大三

史上空前の清宮フィーバーの影響で当初 日曜日の昼開催の予定が平日の木曜日18時 試合開始という高校野球では異例のナイター開催となりました。

 

東京都高校野球連盟によれば東京の高校野球でははじめてのナイター実施らしい。

 

というわけで仕事を早々に切り上げ神宮球場までダッシュ(笑)

 

 
f:id:legendkasai:20170501120724j:image


f:id:legendkasai:20170501120909j:image

17時開門予定が15時40分に繰り下げられそんなに混乱はありませんでした。ただし徹夜組もいたとのこと。

2015の早稲田実業の甲子園での清宮フィーバーに比べればたいしたことはなかったですね。あの時は始発電車が通勤ラッシュ並みに超満員、そして甲子園到着時には見たこともないような長蛇の列と今まで見たこともない光景が広がっていました。

今年の夏も清宮が甲子園出たら大変な騒ぎになるんでしょうね。


f:id:legendkasai:20170501121518j:image
f:id:legendkasai:20170501121534j:image

本日の早稲田実業は応援指導部 ブラスバンド チアも総出の参加!甲子園がかかってない試合とは思えませんね~

対する日大三もチア ブラスバンド 一般の生徒もたくさん応援に来てました。

最近 ブラバン甲子園というイベントがNHKホールで行われたんですけど日大三吹奏楽部が出演したので今度アップしたいと思います。

 

両チーム今秋のドラフト候補を複数、擁していることもありプロのスカウト多数詰めかけてました。

 

スターティングメンバー


f:id:legendkasai:20170501122352j:image
 いよいよプレイボール


f:id:legendkasai:20170501122432j:image

この時点で内野は満席、外野も7割程度埋まってます。

 

1回表、早稲田実業 先発の池田君から日大三の桜井君のタイムリー2ベースと日置君(長野県 上田シニア)のレフト中段に飛び込む3ランホームランで日大三が4点を先制。

 

対する早稲田実業もその裏、4番の野村君(大阪 福島シニア)の左中間スタンド中段に突き刺さる特大の2ランホームランで2点をかえし4-2で初回を終える。1回を終了で30分の時間を費やし今日も長丁場はなりそうな予感がしました。

しかしこれは、終盤に向けてのプロローグに過ぎませんでした。

 

5回に野村君の勝ち越し2ランホームランでこの試合初めて早稲田実業が6-4とリード。

 

そしていよいよ試合が動き出します。

7回表2アウトまで日大三の強力打線をヒット3本に抑えていた池田君が捉えられ始めたところでエースの服部君に継投。

好投の池田君には惜しみない拍手が送られます。

 変わった服部君も日大三の勢いを止められず

この回、日大三が7-6と逆転に成功。

 

 ここからまさにノーガードの打ち合い(笑)

7回裏早稲田実業は一気に5点を挙げ11-7と再逆転!8回表日大三は3点を返し11-10と追いすがる。

向かえた8回裏 ランナーを1塁に置いて今日、ノーヒットだった今日の主役清宮君がライトスタンド最上段に2ランホームラン~~~

それにしてもプロでも滅多に見ないあの飛距離…恐るべし清宮幸太郎

 

9回表 清宮君の一発でさすがに勝負あったと思ったんですが…

これが名門 日大三と言える所以でしょうか。やはりただでは終わらない日大三vs早稲田実業のライバル対決。

先頭の桜井君がライトスタンド中段に飛び込むホームランで1点を返し反撃ののろしを上げるとここから怒涛の猛攻が続き早稲田実業のピッチャーも大垣君から赤嶺君に継投するなど何とか流れを寸断しようと試みるも流れは止められず最後には日大三の大塚君にとどめとも思われる2ランホームランを被弾しこの回何と7得点で大逆転。

日大三17-13早稲田実業

まさかです。信じられません…

 

 

しかし、とんでもないドラマが9回裏に待ち受けていました。

この回、先頭が出てさらに連打そして雪山君のタイムリーで1点を返し17-14

何か、東海大菅生戦や明徳義塾戦のあの球場全体の後押しを受けてるような異様な雰囲気の中、ノーアウト1、3塁で清宮君を迎えます。

一発出れば同点!

 

キター((゜∀゜)ー!!!!!!

 

この後、正直あまり記憶がないです(笑)

 

まさに狂喜乱舞!清宮君の起死回生の同点3ランホームランでなんと

早稲田実業17-17日大三

7 、8 、9回で両チーム合計24得点(笑)

 

その後、延長12回裏、早稲田実業 野田君のサヨナラタイムリーで早稲田実業が優勝!!


f:id:legendkasai:20170501132805j:image

高校野球史に残る激闘でした。ピッチャーが悪いという人もいるけどそれを加味しても普通ここまで打てませんよ(笑)

 

見事、夏の西東京大会 第1シードも獲得。

日大三は第2シードとなり決勝まで対戦はありません。

 

日大三はエース 桜井君を温存しながらこの戦いです。やはり夏も手強いと言わざる終えないでしょう。

最大の収穫は4番の金成の二刀流かな。

夏は秘密兵器になると思います。193cmのサウスポーから今日はMAX148キロを計測。

夏までにコントロールの精度を上げればかなりの脅威になりそう。

 

早稲田実業の課題はやはり投手陣。

夏にはエース中川君も戻ってくるとは思うんだけど正直、駒は5、6人欲しいです。

特に立ち上がりのコントロールは今だ改善されず特に投手陣全体の成長は急務と言えます。

光明だったのは赤嶺君 一時期伸び悩んでたけど今日はMAX135キロを計測するなど球威は上がってきてるだけにさらなるコントロールの精度を磨いて欲しい。

夏に向けてはチームとして継投乗り切る戦術で一人一人与えられた役割を全うしてもらいたい。

 

それから1年生の台頭も必要不可欠かな。

185cmのMAX140キロの大型サウスポー 前幸地君など潜在能力の高い子は何人かいるみたいですし。

 

とにかく早稲田実業 史上 最強打線なので投手陣には奮起を期待します‼