読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイカースポーツ 西スポ

スポーツが大好きな飲み屋のおっちゃん

2017春季東京都高等学校野球大会 決勝 早稲田実業×日大三

史上空前の清宮フィーバーの影響で当初 日曜日の昼開催の予定が平日の木曜日18時 試合開始という高校野球では異例のナイター開催となりました。

 

東京都高校野球連盟によれば東京の高校野球でははじめてのナイター実施らしい。

 

というわけで仕事を早々に切り上げ神宮球場までダッシュ(笑)

 

 
f:id:legendkasai:20170501120724j:image


f:id:legendkasai:20170501120909j:image

17時開門予定が15時40分に繰り下げられそんなに混乱はありませんでした。ただし徹夜組もいたとのこと。

2015の早稲田実業の甲子園での清宮フィーバーに比べればたいしたことはなかったですね。あの時は始発電車が通勤ラッシュ並みに超満員、そして甲子園到着時には見たこともないような長蛇の列と今まで見たこともない光景が広がっていました。

今年の夏も清宮が甲子園出たら大変な騒ぎになるんでしょうね。


f:id:legendkasai:20170501121518j:image
f:id:legendkasai:20170501121534j:image

本日の早稲田実業は応援指導部 ブラスバンド チアも総出の参加!甲子園がかかってない試合とは思えませんね~

対する日大三もチア ブラスバンド 一般の生徒もたくさん応援に来てました。

最近 ブラバン甲子園というイベントがNHKホールで行われたんですけど日大三吹奏楽部が出演したので今度アップしたいと思います。

 

両チーム今秋のドラフト候補を複数、擁していることもありプロのスカウト多数詰めかけてました。

 

スターティングメンバー


f:id:legendkasai:20170501122352j:image
 いよいよプレイボール


f:id:legendkasai:20170501122432j:image

この時点で内野は満席、外野も7割程度埋まってます。

 

1回表、早稲田実業 先発の池田君から日大三の桜井君のタイムリー2ベースと日置君(長野県 上田シニア)のレフト中段に飛び込む3ランホームランで日大三が4点を先制。

 

対する早稲田実業もその裏、4番の野村君(大阪 福島シニア)の左中間スタンド中段に突き刺さる特大の2ランホームランで2点をかえし4-2で初回を終える。1回を終了で30分の時間を費やし今日も長丁場はなりそうな予感がしました。

しかしこれは、終盤に向けてのプロローグに過ぎませんでした。

 

5回に野村君の勝ち越し2ランホームランでこの試合初めて早稲田実業が6-4とリード。

 

そしていよいよ試合が動き出します。

7回表2アウトまで日大三の強力打線をヒット3本に抑えていた池田君が捉えられ始めたところでエースの服部君に継投。

好投の池田君には惜しみない拍手が送られます。

 変わった服部君も日大三の勢いを止められず

この回、日大三が7-6と逆転に成功。

 

 ここからまさにノーガードの打ち合い(笑)

7回裏早稲田実業は一気に5点を挙げ11-7と再逆転!8回表日大三は3点を返し11-10と追いすがる。

向かえた8回裏 ランナーを1塁に置いて今日、ノーヒットだった今日の主役清宮君がライトスタンド最上段に2ランホームラン~~~

それにしてもプロでも滅多に見ないあの飛距離…恐るべし清宮幸太郎

 

9回表 清宮君の一発でさすがに勝負あったと思ったんですが…

これが名門 日大三と言える所以でしょうか。やはりただでは終わらない日大三vs早稲田実業のライバル対決。

先頭の桜井君がライトスタンド中段に飛び込むホームランで1点を返し反撃ののろしを上げるとここから怒涛の猛攻が続き早稲田実業のピッチャーも大垣君から赤嶺君に継投するなど何とか流れを寸断しようと試みるも流れは止められず最後には日大三の大塚君にとどめとも思われる2ランホームランを被弾しこの回何と7得点で大逆転。

日大三17-13早稲田実業

まさかです。信じられません…

 

 

しかし、とんでもないドラマが9回裏に待ち受けていました。

この回、先頭が出てさらに連打そして雪山君のタイムリーで1点を返し17-14

何か、東海大菅生戦や明徳義塾戦のあの球場全体の後押しを受けてるような異様な雰囲気の中、ノーアウト1、3塁で清宮君を迎えます。

一発出れば同点!

 

キター((゜∀゜)ー!!!!!!

 

この後、正直あまり記憶がないです(笑)

 

まさに狂喜乱舞!清宮君の起死回生の同点3ランホームランでなんと

早稲田実業17-17日大三

7 、8 、9回で両チーム合計24得点(笑)

 

その後、延長12回裏、早稲田実業 野田君のサヨナラタイムリーで早稲田実業が優勝!!


f:id:legendkasai:20170501132805j:image

高校野球史に残る激闘でした。ピッチャーが悪いという人もいるけどそれを加味しても普通ここまで打てませんよ(笑)

 

見事、夏の西東京大会 第1シードも獲得。

日大三は第2シードとなり決勝まで対戦はありません。

 

日大三はエース 桜井君を温存しながらこの戦いです。やはり夏も手強いと言わざる終えないでしょう。

最大の収穫は4番の金成の二刀流かな。

夏は秘密兵器になると思います。193cmのサウスポーから今日はMAX148キロを計測。

夏までにコントロールの精度を上げればかなりの脅威になりそう。

 

早稲田実業の課題はやはり投手陣。

夏にはエース中川君も戻ってくるとは思うんだけど正直、駒は5、6人欲しいです。

特に立ち上がりのコントロールは今だ改善されず特に投手陣全体の成長は急務と言えます。

光明だったのは赤嶺君 一時期伸び悩んでたけど今日はMAX135キロを計測するなど球威は上がってきてるだけにさらなるコントロールの精度を磨いて欲しい。

夏に向けてはチームとして継投乗り切る戦術で一人一人与えられた役割を全うしてもらいたい。

 

それから1年生の台頭も必要不可欠かな。

185cmのMAX140キロの大型サウスポー 前幸地君など潜在能力の高い子は何人かいるみたいですし。

 

とにかく早稲田実業 史上 最強打線なので投手陣には奮起を期待します‼