サイカースポーツ 西スポ

スポーツが大好きな飲み屋のおっちゃん

第99回全国高等学校野球選手権 東東京大会 準々決勝

神宮球場

第1試合

帝京×東海大高輪台

(延長10回サヨナラ)

帝京

000 000 201 0=3

101 000 000 1=4

東海大高輪台

(投手)

[帝京]仁田-松澤 

[東海大高輪台]西原-鵜飼-宮路

f:id:legendkasai:20170724014046j:image

 帝京 仁田 龍也 君

          松澤 海渡 君

東海大高輪台 宮路 悠良 君

                         増子 航海 君

共に身長180cm超 MAX140キロ超 プロ注目の大型エースを複数抱える注目の一戦。

個人的には事実上の決勝ではと感じるほど。


f:id:legendkasai:20170724014643j:image

 
f:id:legendkasai:20170724014723j:image
打者に目を移しても

帝京 田中 麟太郎 君

         田中 悠我 君

東海大高輪台 青木 海斗 君

                         伊東 翼 君

などサイズにも恵まれた大型スラッガーを擁する非常にレベルの高い両チーム。

 

帝京 仁田 東海大高輪台 西原の両先発で試合開始。※東海大高輪台は今大会、エース宮路君リリーフにする継投策  

 

帝京 仁田君の立ち上がりを攻め東海大高輪台が序盤1回と3回1点ずつ取って2点を先制。

仁田君は攻略された訳ではないけど1回裏 東海大高輪台の1番 青木 海斗君に初球を2塁打されてリズムを崩したかな。

 

帝京は4回早くも仁田君から松澤君に継投。

変わった松澤君、独特なトルネード投法で球威のある140キロ超のストレートを連発し流れを食い止める。

 

しかし帝京打線も変化球主体の東海大高輪台 先発 西原君を打ちあぐね5回終了時点で僅か1安打。これこそ最大の誤算だったのではないか。リズムを掴めなかったもう1つの要因 7回まで東海大高輪台に毎回安打を打たれたこと。決して悪くなかった帝京の好投手からだから東海大高輪台の強力打線は流石としか言いようがない。

 

6回表から東海大高輪台も西原君から鵜飼君に継投。

 

7回表、帝京 田中 麟太郎君の右中間への2ランホームランで同点。

まさに強打 帝京の底力。

 

7回裏、ダブルプレー崩れの間に東海大高輪台が1点を勝ち越す。

このダブルプレーの判定を巡って帝京側が5分間に及ぶ抗議をするも、覆らず。

3年生にとっては最後の夏。帝京 前田監督の気持ちを想うと絶対に引けなかったと思う。

 

8回表からついに東海大高輪台エース宮路君が登板。

1アウト1 3塁のチャンスを作るもダブルプレーで3アウト。

ついに帝京が追い詰められる。

 

しかし8回3者凡退に抑えたことが9回表の田中 悠我君の起死回生の同点ホームランを生む。

これには鳥肌が立った。

名門 帝京の執念を見た。

神宮が揺れた。

 

両チーム追加点の無いまま試合は延長へ。

 

10回裏、東海大高輪台はエラーと四球で1 2塁とし、左中間のサヨナラヒットで激戦に終止符が打たれた。


f:id:legendkasai:20170724023104j:image

帝京 松澤君 魂の力投もついに力尽きる。

時に空を見上げ、時にマウンドを見つめ精神統一。一球一球 魂を込めた君の投球に神宮の誰もが感動しました。

そしてその松澤君を鼓舞する熱い帝京ナイン

彼らの躍動する姿を甲子園で見たかった…


f:id:legendkasai:20170724023737j:image


f:id:legendkasai:20170724023748j:image

f:id:legendkasai:20170724023801j:image
松澤君はまだ2年生。

後、1年彼の成長を追いかけたい。

 

最後に

7回裏の判定への明言は避けます。

高校野球もビデオ判定を取り入れるべきだと思う。

審判も機械じゃなく人間だから絶対ではないし本当に高校野球が教育の一環ならば非を認めることも大切なことではないかと思います。

球児も人生を懸けてますから。