サイカースポーツ 西スポ

スポーツが大好きな飲み屋のおっちゃん

第99回全国高等学校野球選手権 西東京大会 準々決勝

神宮球場

第1試合

早稲田実業×日本学園

日本学園

001 000 000=1

202 000 010=2

早稲田実業

(投手)

[日本学園]小橋川-中島

[早稲田実業]雪山

 

昨年の秋季大会でも対戦してその時は早稲田実業10-1(7回コールド)の圧勝だった。

今日も雪山君が日本学園打線を6安打1失点に抑えて危なげなく完投勝利

しかし、打線は爆発とはならずに7安打で5得点と早稲田実業の強力打線としては少し物足りないか。

ただこの先、好投手相手にはこのような試合展開が多くなってくる。

少ないチャンスでも相手投手に球数を投げさせる工夫をしたり機動力などを生かして早稲田実業の試合巧者ぶりを見せて欲しい。

 

第2試合

日大三×東海大菅生

東海大菅生

200 010 110=5

000 000 000=0

日大三

(投手)

[東海大菅生]松本-戸田

[日大三]桜井

 

日大三 宿命のライバル早稲田実業との対戦を前に散る。

この試合、まさに天下分け目の大一番という優勝候補同士の一戦。

激戦が予想される中、結果は東海大菅生の圧勝。

ドラフト候補の高校球界屈指のサウスポー 日大三 桜井周斗君から少ないチャンスでことごとく得点を奪った。

桜井君は決して調子は悪くなかったと思う。

ストレートも140キロ後半を計測し被安打も僅かに5本。9奪三振

高めに浮いたスライダーが打たれ、東海大菅生の選球眼にやられた形になった。

 

そして日大三の全国屈指の強力打線を僅か3安打に抑えた東海大菅生の強力投手陣、大会前から140キロ台のストレートを投げる投手を5人も擁し前評判は非常に高かった。

東海大菅生の先発は秋にエースナンバー1を背負った松本 健吾君(東京青山シニア・東京都)180cmを超える長身から放たれるストレートはMAX145キロ。

腕の振りも速いのも特徴な大型右腕。

9回から登板したエースナンバー1を背負う2年生右腕 戸田 懐生君(衣浦シニア・愛知県)

センスを感じさせる躍動感溢れるフォームから140キロ台中盤の球威のあるストレートを投げる。

日大三 強力打線はこの2人に力で封じ込められた※この強力打線を完封できるチームが全国を見渡しても果たしてあるかどうか。

 

日大三はエース桜井 周斗君を筆頭に金成 麗生君 井上 大成君 日置 航君など豊富なタレントを誇りこの時点で姿を消すには非常に惜しいチーム。早稲田実業と共に今年の東京都の高校野球を盛り上げました。新チームも強力なチームを作ってきそうです。

 

それにしても早稲田実業にとって最後の最後にとてつもない大きな壁が立ちはだかることになりそうです。