サイカースポーツ 西スポ

スポーツが大好きな飲み屋のおっちゃん

第99回全国高等学校野球選手権大会

甲子園球場

大会第7日目 2回戦

第2試合

東海大菅生(西東京)

010 001 117=11

010 000 000=1

高岡商業(富山)

(投手)

[東海大菅生]松本

[高岡商]土合-山田-土合-伏見

(本塁打)

[東海大菅生]

佐藤[2回=ソロホームラン]

奥村[9回=3ランホームラン]


f:id:legendkasai:20170817080609j:image


f:id:legendkasai:20170817080642j:image

東海大菅生アルプス
f:id:legendkasai:20170817080703j:image

高岡商業アルプス
f:id:legendkasai:20170817080738j:image


f:id:legendkasai:20170817080802j:image

東海大菅生 松本君、本調子からは程遠い投球ながら高岡商業の強力打線に対して要所を上手く凌いで7安打1失点に抑え完投。

序盤、西東京大会で威力を発揮したフォークが高めに浮いたりすっぽ抜けたりしてコントロールのいい松本君がめずらしく2者連続のフォアボール。

途中、スプリットに切り替えたくらいから何とか持ち直すあたり、状態の悪い時の投球術 クレバーさも垣間見えた。

 

しかし、不調の松本君を打線がホームラン2本を含む援護。

中盤までは高岡商業の土合君も素晴らしいコントロールで投手戦を展開。

勝負の分岐点は長打力だったように思う。

特に東海大菅生の2番松井君。

2番の固定観念を覆す体格と大きなフォロースルーのスイングで2本ともあわやホームランという特大の3塁打を放ち勝利に貢献。

 

中盤まで接戦を演じながら最後突き放された高岡商業

2番手で登板した山田君。

182cmのサウスポーでMAX147キロを投げる前評判の高い好投手だがこの試合、制球を乱し大量失点してしまった。

それでも高い潜在能力の片鱗は随所に見せたし来年はドラフト候補には間違いなく上がってくると思う。


f:id:legendkasai:20170817083445j:image


f:id:legendkasai:20170817083503j:image

東海大菅生 次戦

8月18日(金)

大会第10日目 3回戦 第4試合 16:00

東海大菅生×青森山田

   (西東京)       (青森)