サイカースポーツ 西スポ

スポーツが大好きな飲み屋のおっちゃん

2017秋季東京都高等学校野球大会 1次予選

1次予選屈指の好カード

今夏の東西東京代表 東海大菅生×二松学舎の一戦は二松学舎12-5東海大菅生とまさかの大差に。

戦前は全国ベスト4の主力を多数残す東海大菅生が有利と見られていただけに意外な結果だった。

 

王貞治記念グラウンド

 

早稲田実業 

000 005 401=10

000 301 000=4

日大鶴ヶ丘

(投手)

[早稲田実業]雪山-伊藤

[日大鶴ヶ丘]三浦-勝又-高岡

(本塁打)

[日大鶴ヶ丘]鈴木[4回=2ラン]

 

西東京を代表する名門対決は早稲田実業が終盤に逆転勝利。

早稲田実業はエース雪山君をリリーフした1年生 伊藤 大征君[宝塚ボーイズ(兵庫県) ]が好投。


f:id:legendkasai:20171010075011j:image

伊藤大征[早稲田実業]

 

敗れた日大鶴ヶ丘は東京都内 最速右腕と評判のMAX147キロ勝又 温史君が攻略されるもポテンシャルの片鱗は見せた。

180cmを超える長身もあって来年 夏までの150キロ越えにも期待が持てそう。


f:id:legendkasai:20171010075457j:image

勝又 温史[日大鶴ヶ丘]